納豆菌の効果とは。乳酸菌とは違うの?

MENU

納豆菌の効果とは。乳酸菌とは違うの?

納豆ねばねば平城京。
平城京は何も関係ありませんよ。納豆といえば「ねばねば」ですよね。

 

そのねばねばの原因は何か、ご存知でしょうか。それはナットウキナーゼと呼ばれる納豆菌によるもの。納豆は発酵食品ですからね、菌が繁殖しているのですよ。

 

だからといって「うわ、きもい」と眉をひそめたり「菌!?菌!?」と慌てなくても大丈夫です。納豆菌は、体に害になることはありません。

 

菌で言えば、乳酸菌は体に良いと評判ですよね。
納豆菌と乳酸菌。どちらも発酵によって生まれた菌ですが、効果の違いとはどのようなものなのでしょうか。

 

 

納豆菌と乳酸菌は親密なお付き合いをしている

 

納豆菌と乳酸菌の効果の違い。
それが、ふたつの菌を密接に結び付けているのです。

 

乳酸菌のはたらき

 

乳酸菌のはたらきといえば、「便秘改善」が有名ですよね。
トイレにこもって格闘する時間が減ることで人気の乳酸菌。お通じが改善されるはたらきは、あくまでも結果のひとつに過ぎません。そのそもそもの原因となっているはたらきとは、どのようなものでしょうか。

 

乳酸菌は腸内環境を整えてくれるものです。
腸内には、善玉菌と悪玉菌と呼ばれるふたつの細菌が生息しています。その様子がお花畑のようなので、腸内フローラとも呼ばれていますよ。

 

そのふたつの最近は、6:4で善玉菌のほうが多いのが良いんです。ただ、動物性たんぱく質や脂質(お肉ですね)を摂り過ぎると、悪玉菌がそれらを食らって増えるんですよ。悪玉菌が増えると、腸内がアルカリ性になり、消化吸収をうまく行えずどんどん腐敗していき、腸のはたらきが弱って便が肛門へ送られにくくなり、便秘になります。

 

それを救うのが乳酸菌。
乳酸菌は増えた悪玉菌をやっつけてくれるんですよ。それと同時に弱っている善玉菌を叱咤激励して戦力増大。善玉菌のやる気を起こさせ、数を増やすといったイメージです。

 

乳酸菌は善玉菌を増やすはたらきがあるため、腸内環境が改善され、便秘に良いというわけですよ。

 

納豆菌は乳酸菌と親密な関係

 

納豆菌の効果は、乳酸菌を増やすこと。
乳酸菌と一緒に納豆菌を摂ると、乳酸菌が納豆菌を食べて増えます。

 

納豆菌はとても献身的で、「私を食べて戦って!世界(腸内環境)のために!」と乳酸菌に潔く食べられるんです。乳酸菌はその意志をくみとって納豆菌を食べ、増殖。腸内環境という彼らの世界のために戦うんですよ。

 

あくまでも、イメージですけどね。

 

これはまさに「納豆のような仲」と言えるでしょう。お後がよろしいようで。

 

他の効果

 

乳酸菌と一緒に摂れば納豆菌は乳酸菌を増やす効果を持ちますが、単体で摂れば他の効果を発揮します。納豆に多く含まれているポリアミンが、免疫細胞を活性化させるんですよ。それが、アンチエイジング効果に繋がります。

 

また、抗酸化作用がとても高いんです。
抗酸化作用とは、血液の中のコレステロールや細胞が酸化するのを防ぐはたらきのこと。血中コレステロールが酸化すると、血管壁に張り付いて溜まっていき、血液がどろどろになります。それを防ぐので、血液がさらさらになり、代謝もよくなるんですよ。

 

 

納豆菌と乳酸菌を一緒に摂ろう

 

納豆菌と乳酸菌は密接に関わっていると説明しました。そういうわけで、納豆菌と乳酸菌を一緒に摂ってみましょう。

 

納豆キムチ玉ねぎ

 

納豆には納豆菌が含まれていて、キムチには乳酸菌が含まれています。納豆もキムチも、ご飯にかけたらおいしいですよね。そこで、納豆とキムチを一緒に混ぜてしまいましょう。

 

そこに玉ねぎを加えると・・・おいしい。
だけではなく、玉ねぎに含まれているオリゴ糖でさらにキムチの乳酸菌が増えるんです。納豆菌で増えて、オリゴ糖でも増えて、まさに乳酸菌工場。納豆キムチ玉ねぎはご飯にかけておいしいだけではなく、乳酸菌の効果を高めるんですね。

 

作り方は簡単。
玉ねぎをみじんぎりにして一晩冷蔵庫におき、納豆キムチと混ぜるだけ。あとはそのまま食べるなりご飯にかけて食べるなりお好きにどうぞ!

 

火は通さないほうがいい

 

納豆菌や乳酸菌の効果を最大限に発揮させようと思ったら、火は通さないほうがいいですよ。納豆菌も乳酸菌も火に強いとは言えません。乳酸菌に比べれば火に強いですが、それでも長時間・高温の加熱には耐えられないんです。

 

火を通さず、最大限に効果を高めるように納豆菌と乳酸菌を一緒に摂ってみましょう。納豆どきの医者知らず、納豆どきの便秘知らず。

 

 

腸内環境を手軽に改善したいのなら


結局は乳酸菌サプリがコスパ抜群です。

日々の食事メニューやヨーグルト、ヤクルトを毎日摂取することと比較してもコスパ、効果は乳酸菌サプリが圧倒。手軽で毎日続けやすいのもメリットですね。

>>オススメの乳酸菌サプリはこちら

 

関連ページ

乳酸菌が含まれている食材とメニュー
善玉菌を増やして腸内環境をキレイに!忙しい方でも手軽にできて毎日続けやすい方法を紹介しています。
乳酸菌が含まれているヨーグルト
善玉菌を増やして腸内環境をキレイに!忙しい方でも手軽にできて毎日続けやすい方法を紹介しています。
ヤクルト、ピルクルでも乳酸菌の摂取が可能
善玉菌を増やして腸内環境をキレイに!忙しい方でも手軽にできて毎日続けやすい方法を紹介しています。
発酵食品ならすべてに乳酸菌が含まれている?
善玉菌を増やして腸内環境をキレイに!忙しい方でも手軽にできて毎日続けやすい方法を紹介しています。
ヨーグルトの食べすぎは禁物
善玉菌を増やして腸内環境をキレイに!忙しい方でも手軽にできて毎日続けやすい方法を紹介しています。
乳酸菌といえばヨーグルト。どのヨーグルトがおすすめ?
善玉菌を増やして腸内環境をキレイに!忙しい方でも手軽にできて毎日続けやすい方法を紹介しています。
ヤクルト「乳酸菌シロタ株」ってしっかり乳酸菌は摂取できるの?
善玉菌を増やして腸内環境をキレイに!忙しい方でも手軽にできて毎日続けやすい方法を紹介しています。
最近便秘ぎみ。キムチから乳酸菌を摂取するのは正しい?
善玉菌を増やして腸内環境をキレイに!忙しい方でも手軽にできて毎日続けやすい方法を紹介しています。
料理嫌いでもできる。乳酸菌のカンタン培養方法
善玉菌を増やして腸内環境をキレイに!忙しい方でも手軽にできて毎日続けやすい方法を紹介しています。