ヨーグルトの食べすぎは禁物

MENU

ヨーグルトの食べすぎは禁物

ヨーグルトが体に良いからと、一度に多量に食べすぎるのは良くありません。体に良いといわれるヨーグルトをなぜ食べすぎると良くないのでしょうか?

 

血中コレステロールを下げすぎてしまう

 

コレステロールと聞いて一番に思うことはないんでしょうか?
「体に悪い」「必要ない」と思っていませんか?

 

もともと体の中にあるコレステロールがすべて悪だと考えるのは間違いです。コレステロールは本来、細胞膜を作ったり、男性ホルモンや女性ホルモンステロイドホルモンなどの原料になる重要な物質です。

 

ヨーグルトに配合されている乳酸菌には血中コレステロールを下げる作用があります。多量に食べてしまうと、本来良い行いをするコレステロール機能が正常に働かなくなってしまいます。

 

善玉菌が増えすぎると腸がサボリだす

 

善玉菌と悪玉菌、日和見菌の割合は、善玉菌が30%、悪玉菌が10%、日和見菌が50〜60%がベストといわれています。ヨーグルトを食べすぎると善玉菌が急激に増殖し、腸内環境のバランスがくずれ、怠けてキチンと仕事をしないのです。

 

腸内環境を整える為に食べているのに、善玉菌が役割をしてくれない状態になるので、一回に大量に食べるよりも、毎日の食生活に取り入れたほうがよいでしょう。

 

また、ヨーグルトはカロリーが高いので太る原因にもなります。やはり乳酸菌を摂取するなら、コスパやカロリーのことも考え、サプリメントがベストでしょう。

 

妊娠中やお子様にも注意が必要

 

便秘になりがちな妊娠中や、カルシウムがとれやすいお子様には最適はヨーグルト。しかし、食べすぎるとやはり、腹痛を起こしたり、ホルモンバラスを崩してしまい、体調が悪くなってしまう原因になってしまいます。どんなに良い食品であっても、食べすぎには注意しましょう。

 

白澤卓二教授の100歳までボケない101の食習慣

 

乳製品をとらないとボケる

「東京都老人総合研究所の調査結果によると、牛乳やヨーグルトなどの乳製品を毎日とる人は、とらない人より要介護度が低かった。寝たきりになるケースの多くは、骨がもろくなって骨折したことが原因だ。1日に牛乳なら200cc、ヨーグルトなら80g程度とりたい。」

 

本来ヨーグルトは体によい食品です。
食べることにより骨までも丈夫にしてくれる優れた効能があります。しかし、食べすぎる事により、逆効果になってしまうので、これからも適度な量を食べていきたいと思います。

 

 

腸内環境を手軽に改善したいのなら


結局は乳酸菌サプリがコスパ抜群です。

日々の食事メニューやヨーグルト、ヤクルトを毎日摂取することと比較してもコスパ、効果は乳酸菌サプリが圧倒。手軽で毎日続けやすいのもメリットですね。

>>オススメの乳酸菌サプリはこちら

 

関連ページ

乳酸菌が含まれている食材とメニュー
善玉菌を増やして腸内環境をキレイに!忙しい方でも手軽にできて毎日続けやすい方法を紹介しています。
乳酸菌が含まれているヨーグルト
善玉菌を増やして腸内環境をキレイに!忙しい方でも手軽にできて毎日続けやすい方法を紹介しています。
ヤクルト、ピルクルでも乳酸菌の摂取が可能
善玉菌を増やして腸内環境をキレイに!忙しい方でも手軽にできて毎日続けやすい方法を紹介しています。
発酵食品ならすべてに乳酸菌が含まれている?
善玉菌を増やして腸内環境をキレイに!忙しい方でも手軽にできて毎日続けやすい方法を紹介しています。
乳酸菌といえばヨーグルト。どのヨーグルトがおすすめ?
善玉菌を増やして腸内環境をキレイに!忙しい方でも手軽にできて毎日続けやすい方法を紹介しています。
ヤクルト「乳酸菌シロタ株」ってしっかり乳酸菌は摂取できるの?
善玉菌を増やして腸内環境をキレイに!忙しい方でも手軽にできて毎日続けやすい方法を紹介しています。
最近便秘ぎみ。キムチから乳酸菌を摂取するのは正しい?
善玉菌を増やして腸内環境をキレイに!忙しい方でも手軽にできて毎日続けやすい方法を紹介しています。
納豆菌の効果とは。乳酸菌とは違うの?
善玉菌を増やして腸内環境をキレイに!忙しい方でも手軽にできて毎日続けやすい方法を紹介しています。
料理嫌いでもできる。乳酸菌のカンタン培養方法
善玉菌を増やして腸内環境をキレイに!忙しい方でも手軽にできて毎日続けやすい方法を紹介しています。